さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年10月01日

民話の里、遠野を訪ねる

実に3年半ぶりの投稿です。
大きな旅は2011年の夏以来、いろいろあって旅に出られない状況になっておりましたが、
9月8日、9日、10日と、久々の旅に出ました。
行き先は岩手県の花巻、遠野。
テーマは「童話と民話に親しむ旅」でした。
花巻、釜石を結ぶ釜石線は、宮沢賢治が愛した鉄道です。
釜石線の前身である岩手軽便鉄道が、賢治の「銀河鉄道の夜」の舞台です。

賢治の童話の世界は置いておいて、駅鉄の私としての興味は「遠野駅」でした。
釜石線のちょうど中ほどに、遠野駅はあります。

遠野駅
石造りの、立派な駅舎です。

駅名標
ホームに設置された駅名標は、賢治の世界をイメージしています。
駅には賢治にちなんで、エスペラント語の愛称がついています。
遠野駅は「フォルクローロ(民話)」です。

ポストの河童
駅前のポストの上には、民話の里、遠野のシンボルの一つ、河童が乗っていました。

池の河童
駅前ロータリーには池があり、そこにも河童が住んでいます。河童たちは会議中、でしょうか。

櫓の天狗
駅舎の対面には観光案内所があり、その屋根の上に櫓があるのですが、こちらの手すりには天狗が座っています。

河童も天狗も、柳田國男の「遠野物語」に出てくる登場人物ですね。

1914(大正3)年に、岩手軽便鉄道開通と同時に開業した遠野駅、現在の駅舎は1950(昭和25)年に建てられたものです。
ヨーロッパの建築様式を取り入れた、石積みの建物は、実に立派、実に重厚です。
駅舎の二階には窓が並んでいますが、ここはかつて「フォルクローロ遠野」という、JRが運営するホテルだったそうですが、現在では営業を終了しています。
建物は築60年を超え、老朽化が目立ち始めているそうで、JR東日本はコンパクトな駅舎に建て替えるという意向を示しているそうです。
また一つ、美しい駅舎が消えてしまう、でも様々な事情もあって、仕方ないのか、と思う民話の里巡りでした。  

Posted by じゅの at 14:04Comments(0)電車旅/JR釜石線

2013年03月24日

2011年3月23日☆HAPPY BIRTHDAY

うちのはるちゃん、今日、2歳のお誕生日を迎えました。


■寝転がる


■抱かれる


■覗く

2年前の今日、震災で日本中が大混乱の中のどさくさに紛れて生まれた仔です。
知り合いが保護した迷い猫が生んだ3匹の子猫のうち、たった1匹生き残ったのが
うちのはるでした。

掌に乗る小さな小さな赤ちゃん猫さんも、ほら、いつのまにかでっかくなりました。
家の中を闊歩する姿は、貫禄さえもあります。

相変わらずのクールビューティーで、一人の世界を好みます。
でっかいし、長毛だし、愛想悪いし、私の好みからはかけ離れているんですけど・・・

でも、うちのはるちゃんは、かわいいから全て許すicon58


  

Posted by じゅの at 22:39Comments(0)うちのねこさん

2012年05月03日

ご機嫌斜め・・・

この冬は、ちょっと色々あってとっても大変な冬でした。
それでも少しずつ、春の風は吹き始めています。

さて、うちのはるちゃん、最近は少しご機嫌斜めです。



こんなふうに、六畳間の寝室にひきこもることが多いのです。
ほっとくと、何時間も部屋から出てきません。
いったい何が気に食わなかったのか、いじけているのか。

もしかして、口にくわえたビニールを無理やり引きはがそうとしたから?
だってそれはあなたが苦しそうに見えたから・・・

それとも、最近缶詰の種類を変えたから?
たまには違った味を、と思うやさしい親心だよ。

そんなにいじけてないで、とそっと近づくと、



ほらね、やっぱりかわいいお顔のねこさんでしょ(親ばか全開)?

=========================================================
はるたんが家族の一員になってから、早いもので一年が過ぎました。
あんなに小さくて、力のなかったねこさんが、こんなに大きくたくましくなりました。

本当に嵐のような一年でした。
震災あり、姑の看取りあり、そして夫の病あり。
でも、あなたのおかげで私の押しつぶされそうな心は救われました。
相変わらずプライドが高くつんつんしたあなたですが、
それでもときどき見せる愛らしい仕草が、私の何よりのビタミン剤です。
そして、それは療養中の夫にとっても。

とりあえずはるたん、これからもよろしく。
=========================================================  

Posted by じゅの at 23:52Comments(0)うちのねこさん

2012年01月02日

ソファーの下からお宝発見

新しい年を迎えるにあたり、大掃除のまねごとをしました。
多忙を言い訳にさぼりにさぼったリビングの掃除、久しぶりにソファーを上げてみましょう。
すると・・・



使い捨てコンタクトの空が山ほど出てきました。

ダイニングテーブルの上に鏡を置いてそこで装着するのが一番やりやすくて、
それが私の朝のルーチンワークです。
コンタクトと鏡を持ってそこに座ると、必ずはるがやってきてテーブルの上でスタンバイ。
テーブルの上に置かれた空をテーブルの上から蹴り落とすことから、彼女の競技は始まるのです。

出勤までの準備の間、彼女はひたすらそれを追いまわし、玄関を出る私には目もくれず、
でも、帰ってくるとそれはあとかたもなく、家人の誰かが片づけているのだと思っていました。

ときどき、はるはソファーの下に手を伸ばして何かを取ろうとする仕草を見せます。
床とソファーの隙間はわずか1センチ。彼女はそこにいったい何を見ているのだろう、
そう思っていました。

ソファーの下、そこが彼女の競技のゴール、だったわけですね。



そんなはるは、逆さまになってテレビの裏側に入りました。
小さかったあの頃を思い出したのでしょう。
ただひとつ、あの頃と比べたら3倍の大きさになっていることを忘れていたようです。

自力では出てこられなくて、しばらく途方に暮れていたはるでした。

昨年は思いがけずのはるとの出会い、あれよあれよとことは運んで、こんなことになりました。

世間は悲しいことやつらいことも多いけれど、私たちはあなたに見つめられるたびに
もう少し頑張ろうかなと思います。

だからはるちゃん、あなたもお手柔らかに。  

Posted by じゅの at 18:15Comments(0)うちのねこさん

2011年12月11日

もう、構わないで

このところ激務だったり、姑を見送ったり、とてんてこまいな日々を送っておりました。

少し落ち着き始めたこの週末、この春社会人となって独立した長男が久しぶりに泊まりにきました。

春の頃のはるしか知らない長男は一言、「でかい・・・」
はるは見知らぬ長男を見ると、興味津津に近づき、でも警戒心はMAXな感じ。
足元をうろちょろするはるがかわいくて長男はあれこれちょっかいを出します。

最初はおとなしく付き合っていたはるも、長男のしつこいアタックに、
真剣に「シャー」と威嚇のポーズを取ったり。



長男の相手に疲れ、やがてソファーの上で眠ってしまいました。
その姿は、両手で顔を覆い隠して、「もう、構わないで」と言っているようでした。

長男が帰り、はるも少し落ち着きました。



今は、夫の腕の中で安心してうとうとしています。


  

Posted by じゅの at 19:04Comments(0)うちのねこさん

2011年10月16日

2011・夏旅=総集編=

早いものでもう10月も半ば。貧乏旅行の夏旅からあっというまに1ヶ月半が過ぎてしまいました。
メインのサイトの整備をしながらこちらのブログもちょくちょくUPしていこうと思っていたのですが・・・。
もたもたしているうちにメインのサイトの旅行記ができあがりつつあります。

ブログの更新も滞り勝ちな今日この頃、更新途中の見切り発車ではありますが、とりあえず出来上がった旅行記をご紹介します。

『2011夏/夏旅三種《木曽路・辰野廻り・篠ノ井線》』 2泊3日の木曽路の旅と日帰りの旅の記録です。よかったらご覧ください。
(下のバナーをクリックすれば飛びますよ)

2011・夏旅

感想やご意見などいただければ幸いです。  

2011年10月02日

木曽路を歩く

お彼岸を過ぎて、めっきり涼しくなりました。
冬の足音が聞こえてくるのももう間近です。

いつもなら一週間ゆったりと計画をたてる夏旅ですが、
今年の夏旅は全線18きっぷを使用、特急列車はなし、の節約モードです。


《第1弾》木曽路から美濃へ
中央西線で中山道の宿場町を中心に、塩尻~多治見を巡りました。


■中央西線/奈良井駅(長野県)


■中央西線/須原駅(長野県)


■中央西線/藪原駅(長野県)


《第2弾》旧中央線本線の辰野廻りを巡る
岡谷~塩尻を結ぶ辰野廻りは、かつては中央線の本線でした。歴史ある駅舎の往時を偲びます。


■中央東線辰野廻り/川岸駅(長野県)


《第3弾》
塩尻から松本へ、篠ノ井線を巡る
長野県の第二の都市、松本へ向かう篠ノ井線の、趣のある駅舎を巡ります。


■篠ノ井線/田沢駅(長野県)


木曽路巡りの3日間で、
洗馬駅/贄川駅/奈良井駅/木曽福島駅
倉本駅/須原駅/大桑駅/野尻駅/坂下駅/多治見駅
釜戸駅/美濃坂本駅/中津川駅/宮ノ越駅/藪原駅

辰野廻り巡りで、
小野駅/川岸駅

篠ノ井線で
村井駅/田沢駅/明科駅/西条駅

以上、5日間で21駅
どの駅も、歴史の息吹を感じる、美しい木造駅舎でした。  

2011年09月25日

クールビューティと間抜けな姿

はるたん、気が付けばお誕生から6カ月が過ぎていました。



■定点観測:背中の模様はどんなふうに変わったでしょうか。




■クールビューティ:何気に見せる横顔は、クールな美人さんです。




■再び変顔:クールなクールな美人さんも、やっぱりこんな変顔です。


生後6カ月、不妊手術を考えなければならないお年頃になりました。
人間でいえばまだ小学生のやんちゃ盛り。
でもねこさんの場合はそろそろ危険なお年頃です。

それにしてもねこさん、なんでこんなにつんとすましたクールなお顔立ちなのでしょう。
もう少しにっこり笑顔がみられれば、可愛げもあるのに。

それでもふと油断をしたとき、こんなとぼけた格好になっちゃうはるちゃんは、
かわいいかわいいうちのお姫様です。  

Posted by じゅの at 21:49Comments(2)うちのねこさん

2011年08月07日

変顔

はるたん、お泊まり保育から帰ってきました。


■変顔:部屋の隅っこで眠る寝顔は、まさしく、変顔

修行のためのお泊まり保育、5泊6日で終了しました。

先住ねこさんたちの間で、徐々に猫社会の付き合いもでき始めていました。
先住ねこさんの追いかけっこに一緒に参加してたりして、楽しそうにも見えました。
もう少し時間をかけてれば、咬み癖も治るかもしれなおけれど、
飼い主ははるのいない寂しさに耐えられませんでした。

猫社会でもまれることも大事、でも、飼い主の甘い態度も問題なのではないか、
そんなふうに思いました。
はるにとって飼い主の手は、咬んで遊んでよいものになっているのではないか。
咬んできたらすぐに手をひっこめて相手するのを中断する。
そうやって少しずつ教えて行こうかなと思います。

咬むときはちょっとあれだけど、
こんな変顔で寝てるはるちゃんは、それはもうかわいくて、
それだけでいいやって思っちゃいます。  

Posted by じゅの at 23:25Comments(2)うちのねこさん

2011年07月31日

飼い主のお気に入り

前回の「はるたんのお気に入り」に対抗して、
最近の「飼い主のお気に入り」を。


■正対称:四角い台の上の対角線上に寝そべったはるは、きれいな正対称でした。



■エメラルドの瞳:暗闇の中のはるの目は、美しいエメラルドグリーンでした。



■茶色い島:全体に薄い茶色だったはるの背中は、くっきりとした茶色の島が浮き出てきました。


母猫の育児放棄により、人間の手で育てられたはるは、猫社会を知りません。
本来なら母猫や、一緒に生まれた兄弟猫の間で、猫社会の掟を学びます。
それができなかったからなのか、はたまた飼い主の躾のいたらなさなのか、
はるには咬み癖が残ります。

そんなはるの悪癖を心配した知り合いが、一度猫社会へ戻すことを提案してくれました。
そんなわけで、はるは実の母のもとへ、お泊まり保育に出かけました。

預かってくれている知り合いの話では、最初こそ初めての環境に緊張し、
生意気に先住ねこさん(実は母親)に対してシャーっと威嚇したりしていたようですが、
徐々に慣れ、悠々自適に歩きまわって、やんちゃ娘の片鱗を覗かせているそうです。

はるがいない一日を過ごした私、足元がすぅすぅします。
なんだかくすぐったく感じて「踏んじゃうよ、はる」と足元を見ても、そこには白いモヘアはないのです。

あちこち駆け回るはるがいない家の中は静かですが、なんだか物足りない感じです。  

Posted by じゅの at 22:57Comments(2)うちのねこさん