さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年01月06日

新年早々の無謀な計画

4日までが年末年始休みの我社は9連休となる。そこで、新年早々に無謀なたびの計画を立てた。

2008年1月2日

常磐線・高萩駅

2008年1月3日

日光線・鹿沼駅

2008年1月4日

両毛線・足利駅

2008年1月5日

八高線・用土駅

2008年1月6日

鶴見線・昭和駅

一日目:上野から常磐線に乗って、高萩、佐和、内原、石岡の四つの駅
二日目:宇都宮から日光線に乗って、鶴田、鹿沼、今市、日光の四つの駅
三日目:小山から両毛線に乗って、足利、山前、伊勢崎、駒形の四つの駅
四日目:拝島から八高線に乗って、毛呂、越生、小川町、用土、児玉の五つの駅
五日目:鶴見から鶴見線に乗って、国道、鶴見小野、弁天橋、浅野、安善、武蔵白石、昭和、海芝浦の八つの駅

五日目の鶴見線以外はどの路線も以前に乗ったことのある路線。
その中でまだ降りたことのない駅をいくつか選んでみた。

一日目、無謀な計画の発端となった高萩駅を見に。
ここで思いがけずの415系列車との出会いを果たす。
高萩駅は確かに美しいけれど、駅前のロータリーに組まれたイルミネーションのための鉄骨が、正面からの撮影にジャマ。夜だったら美しかったのだろうけれど。
内原駅は白い壁でシンプルだったはずなのに、ベージュとかピンクとかに塗られてて、ちょっとがっかり。

二日目、三年ほど前に行ったけれど、まだ駅舎に興味を持つ前だったので、すっ飛ばしてしまった駅舎を見に日光まで。
鹿沼駅はファサードの意匠も凝っていて、なかなか美しい。
ついでにと降りた鶴田駅がなかなかいい感じだったけれど、ここもやっぱり、ピンクとかブルーとかで塗っちゃったのねぇ。

三日目、個性的な駅舎が多い両毛線。前回はみかん電車に乗るのが目的だったけれど、今回は駅を見に。
足利駅の凝ったファサード。伊勢崎駅は足利駅と兄弟駅舎なのかな、スタイルが良く似ている。
しかし、伊勢崎駅は高架化計画があるらしく、壊される運命なのかも。
こっちでもついでに降りた山前駅と駒形駅が素朴な魅力をみせていた。

四日目、過去2回ほど乗った記憶があるけれど、途中下車はしたことがなかった八高線。
どちらかというと平行して走る東武線に水をあけられている。越生駅、小川町駅などは完全に東武主導のようだ。
東武線からはずれている毛呂駅、用土駅、児玉駅などが美しい。

五日目、残り一日、どうするかなぁと考えた結果、近場でひとつ、ということで選んだ鶴見線。
首都圏にありながら、日中は1時間に1本(平日は2本~)という超ローカルな路線。
それもそのはず、この路線、沿線の工場のための路線のようだ。
休日のせいもあって、横浜市とは思えない静けさとおんぼろの駅舎。
つけたしの路線だっただけに、得した気分になった。

新年早々の無謀な旅、つつがなく終了。
こうやって今年もまた、駅舎巡りを楽しむのだろう。