さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2005年10月23日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その13》=締めくくりはみかん電車で=

20051002_13_atami_113.jpg

首都圏から湘南電車に乗って、熱海駅に着いたのが11時頃。それから伊東線で一気に終点の伊東まで行き、一駅ずつ順番に戻って、熱海駅に帰り着いたのは、夕方の4時半頃。

伊東 → 宇佐美 → 網代 → 伊豆多賀 → 来宮 → 熱海
6駅、17キロを、5時間半かけてゆっくりと歩いてきた。

路線は単線で、1時間に1、2本のローカル線だが、どことなく気品が漂うのは、国内有数の一流温泉街の歴史があるからだろうか。
駅舎はどこもみな木造の小さな建物だが、柱の1本1本、手すりや壁、そして床までも、丁寧に磨き上げられた感があり、職員の方々や地域の方々が愛着を持って接しておられる姿を思い浮かべることができる。

そういえば、その数を減らしている湘南電車のみかん色も、ここならまだまだ健在なのではないかと思って楽しみにしていたのだが、単線ローカルを走るJRの車輌は、踊り子号などの特急列車ばかりだ。
それじゃぁ普通列車はどうなってるの?というと、それはみんな伊豆急行の車輌で、JRの車輌はひとつもない。
最初の熱海駅で乗った「Izukyu」のロゴ入り車輌は、たまたま伊豆急行が伊東線に乗り入れていたのではなく、伊東線は特急列車以外は伊豆急行がJRの代わりを果たしているのだなと気付く。
首都圏からの特急はJRが賄い、地域のローカル線は私鉄が担う。そうやってうまく助け合ってバランスを取っているのかな、と妙に感心してしまった。

鉄道の日記念切符第1回目は、東京から121.5キロ。往復運賃4420円。
10月なのに夏のような日差しの中、薄っすらと汗をかきながら、思いがけなく趣のある駅舎を巡って、十分にもとを取った気分だ。

念願のみかん電車は、熱海駅から西に向かうJR東海の東海道線としての姿は何度か見られたけれど、実際の乗ることは叶わず、それだけがちょっと寂しい。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 10:48Comments(3)電車旅/JR伊東線

2005年10月23日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その12》=踊り子号・ツーショット=

20051002_12_atami_express.jpg

来宮駅からまた列車に乗って、伊東線の終着駅、熱海に着いた。

温泉街を走る伊東線には、JRから伊豆急行の伊豆急下田まで直通運転する特急列車が頻繁に行き交う。

左側は251系のスーパービュー踊り子号。右側は185系の踊り子号だ。
スーパービュー踊り子号は1990年、踊り子号は1981年のデビューだが、それぞれに塗装や内装がリニューアルされている。

実はスパービューは長男が小さかった頃に大好きな車輌で、よく東京駅などで一緒に眺めたものだが、リニューアルによって当時の薄い水色がなくなってしまったのがちょっと残念だ。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 01:41Comments(2)電車旅/JR伊東線

2005年10月23日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その11》=来宮駅=

20051002_11_kinomiya_station.jpg

伊豆多賀駅からまたひとつ戻る。

伊東線の旅もそろそろ終盤に近づいてきた。
終点、熱海駅の手前、来宮(きのみや)駅に降り立つ。

伊東駅を出たのが1時過ぎ。それから宇佐美、網代、伊豆多賀と、三つの駅でそれぞれ次ぎの列車が来るまでの1時間を過ごしたので、来宮駅に到着したときにはもう日が傾きかけてきた。

温泉街の中心地、熱海駅に近づいたことで、駅前の通りも大きくなり、車の往来も激しくなった。

宇佐美、網代、伊豆多賀の駅舎とは形が違うが、赤い瓦屋根と三角屋根の下の駅名看板は同じだ。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 01:10Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月23日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その10》=高台から海を見る=

20051002_10_izutaga_sea.jpg

伊豆多賀駅の駅前広場から下を見下ろしてみる。

こんなふうに家々の屋根も、電線すらも目の下に見える。
そしてその先にはやっぱり青い海が広がっている。
青い海の向こう側に見えているこんもりとした緑の山は、さっき立ち寄った網代の町だ。

この駅には観光地の華々しさはなく、しっとりと落ち着いた住宅街のようだ。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 00:28Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月22日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その9》=伊豆多賀駅=

20051002_09_izutaga_station.jpg

網代駅でコーヒーを飲みながら一息ついて、また列車に乗り込む。

また、一駅もどり、お隣の伊豆多賀(いずたが)駅に降り立つ。

改札を出て、駅舎の外に出たとたん、ぱっと視界が開ける。
目の前に階段があり、それを下りると小さな駅前広場があって、車止めなどがある。
そして、その先の柵からは家々の屋根が見え、その先に青い海が広がっている。
海岸からひたすら住宅街の坂を上り、行き着いた高台に小さな駅舎はあるのだ。

駅前広場と駅舎をつなぐ階段の周りには、いっぱいの木々が植えられていて、駅舎はその緑に覆われている。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 23:32Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月22日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その8》=網代駅=

20051002_08_ajiro_station.jpg

宇佐美の海を見て、また駅に戻る。
潮風に当たり、元気な若者たちの動きを楽しんだ後、ゆっくりと戻って駅舎やホームを歩きながら次の列車を待つ。

また一駅戻って、網代(あじろ)駅に降り立った。
アイボリーの壁に赤い瓦屋根。正面に向いた三角の屋根とその上の駅名看板。
さっき降りた宇佐美駅によく似ている。

「網代」という駅名が示すとおり、漁師の町だ。
網代港で水揚げされる新鮮な魚介類を扱う魚市場もあり、温泉、海水浴とともに、おいしい料理が楽しめる。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 08:24Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月21日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その7》=秋の海・第2弾=

20051002_07_usami_sea.jpg

駅には夏の名残で「宇佐美海水浴場」という看板が出ていたので、ここでも海を訪ねてみることにする。

伊東の海に比べると、若干波も高く、サーフィンをする若者たちの姿も見える。

真青な海を、白い船が滑るように走って行く。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 23:57Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月21日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その6》=宇佐美駅=

20051002_06_usami_station.jpg

伊東で海を見て、駅に戻る。
列車で一駅戻って、お隣の宇佐美(うさみ)駅で降りる。

近くには海水浴場もあるので、真夏なら乗降客もそれなりなのだろうけれど、やはりこの季節、閑散としている。

駅舎の左側の緑は、藤棚か、それともぶどう棚か・・・?

熱海や伊東に比べたら、何廻りもこぢんまりとしているけれど、それはそれで駅舎としての美しさを感じるのはなぜだろう。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 23:12Comments(0)電車旅/JR伊東線

2005年10月16日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その5》=秋の海=

20051002_05_ito_sea.jpg

磯の香りを楽しみ、大通りを渡ると、そこには砂浜が広がっている。
10月だというのに、太陽は夏のように力強い日で、海も空も真青に輝いている。
日差しは確かに夏、でも人の心は明らかに秋で、砂浜に人影はなく、ひっそりとしている。

水平線の向こうに見えるあの小さな山のような影は、伊豆七島のひとつ、「初島」だろうか。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 22:23Comments(3)電車旅/JR伊東線

2005年10月16日

古きよき温泉街、伊東線を行く《その4》=磯の香り?いや、あじの干物=

20051002_04_ito_fish.jpg

季節はずれだけれど、海を見に行こうかなと思う。
列車の窓から見えていた海を思い浮かべ、こっちかな、としばらく歩く。
商店街を抜けると、T字路にぶつかり、その向こうに海が広がっているのが見える。

あぁ、海が近づくと、磯の香りがしてくるな、と思いつつ、Tの字にぶつかった角を見ると、そこにはこんな光景が広がっていた。

太陽の光をたっぷりと浴びた鯵は、おいしい「あじの開き」になっていた。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 22:04Comments(2)電車旅/JR伊東線