さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年08月30日

豊の国の駅舎を訪ねる=旅立ち=

さて、いよいよ旅立ちのとき。


寝台特急富士号の行き先表示は大分行き


今日の寝台は星のマークのB寝台ソロ


東京駅10番線のホームの「富士号・大分行き」の行き先表示

今にも泣き出しそうな空を仰ぎながら、自宅を出発。
1時間前には東京駅に到着して、お弁当の準備やらしながらのんびりと列車が来るまで過ごすはず。

しかしそのとき、ほんの僅か西の熱海~小田原間は局地的な集中豪雨にやられていたらしい。
東海道線は熱海~小田原の運転を見合わせ、全ての列車は小田原駅で折り返し運転。
ダイヤは大きく乱れていた。

さて、寝台特急、東海道線と同じ在来線を通るわけだから、影響がないわけはない。
結果、列車は約2時間遅れ、20時ごろ、東京駅に滑り込んだ。
これで本当に運転できるのか、そんな思いの中、列車に乗り込み、B寝台ソロの一室で寛ぐ。

車内のアナウンスは、熱海~小田原間はまだ不通だと言っている。それでもこの列車は、0時ごろ出発の予定だと。
そんなことできるのかいなぁ・・・そう思いながらも、まぁいいか、遅れてでも目的地に到着できれば、後はなんとかなるもんね、そんなことを思いつつ、出発を待つ。
アナウンスは尚も続ける。「何時になろうともかならず出発します」と。下関車掌区の車掌さんの、なんとものんびりした口調に、思わず笑ってしまった。

ホームの向かい側には、先に運休が決まっていた夜行列車「サンライズ瀬戸・出雲」と「ムーンライトながら」のお客さんのために、「長野行き」の方向幕をつけた183系列車が用意された。

さて、こちらは何時になろうとも出発する寝台特急「富士・はやぶさ号」、実に6時間半の遅れを持って、0時25分、東京駅を出発した。

雨は小康状態となり、列車は徐々にスピードを出す。
しかし、新橋駅を通り過ぎ、通過するはずの品川駅に近づいて、停まってしまった。
アナウンスは言う。「品川駅で4時まで停まります」と。

確かに何時になろうとも出発する、その約束は果たした。
こんな経験なかなかできることじゃないし、まいいか、と寝台に横たわって眠りに着いた。

一眠りした早朝4時過ぎ、列車は一向に走り出さない。
トイレに立つついでに、車掌室を覗いてみた。
「どんな状況?」と尋ね、「新幹線への振り替えの可能性は?」と聞いてみると、「問い合わせているけど、なかなか情報を下ろしてくれないので状況がつかめない。振り替えの要請をしているけれど、許可が出ない」という返答。
JR西日本とJR東海、同じグループでも別会社であることの弊害か。

笑顔での応対の中にも、困惑と疲労感がのぞき、とうてい責める気にはなれない。

品川駅から新幹線が発車する6時が近づいた頃、振り替えの許可が出たとアナウンスが入り、列車を降りた。

同じく集中豪雨の影響で遅れが出ている品川発の一番列車、のぞみ99号にて、なんとかかんとか九州は小倉駅に到着したのは、11時近くだった。

こんなふうに、初めての列車ホテル体験で、今年の夏旅は幕を開けた。  

Posted by じゅの at 21:24Comments(7)電車旅/2008・夏旅

2008年08月24日

2008年夏旅・始動



立秋が過ぎ、処暑が過ぎ、関東地方は急に涼しくなってきました。
夏休みも終盤に差し掛かった今日、私の夏旅が始動します。

諸事情があって、夏休み終了のぎりぎりまで引き伸ばした夏旅、待ちに待っただけに、わくわく感も大きかったりします。

今年もまた、昨年に引き続き、九州を巡ります。
昨年は肥薩線を中心にした南九州、そして今年は豊肥本線、久大本線を中心にした北九州。

東京口から出発するブルートレイン、「ふじぶさ号」も、来年の春には引退。
最後のチャンスのこの夏に、もう一度乗っておこうと思います。

関東地方は雨模様。でも、九州の地は快晴だとか。
多分、いい旅になるんじゃないかな、そんなことを思いつつ、旅立ちのときに思いを馳せています。  

Posted by じゅの at 10:42Comments(6)電車旅/2008・夏旅