さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2004年04月24日

ふわふわ綿毛

20040423_tanpopo_watage.jpg

自宅マンションの周りの植え込みを探索する。
きれいに手入れされた植木、草花のあいだに、雑草の姿も見える。

写真は、だれでも知ってるたんぽぽの綿毛。
この季節、見慣れた姿だが、目の高さを合わせてゆっくりと見ると、これが意外と美しいことに気づく。まるで、白いガラス細工の中に大切にしまわれた宝物のよう。

吹けば飛ぶようなはかない綿毛だけれど、次世代を育む種がしっかりと育つまでは、ちょっとやそっとじゃぁ動かない。しかし、いったん飛び立てば、あとは野となれ山となれ。そして、どんなに悪条件でも、しっかりとそこに根を下ろす。

またひとつ、人間にはとうていかなわない自然の営みに脱帽するのだ。  

Posted by じゅの at 14:06Comments(5)季節を散歩・春編

2004年04月23日

モンシロチョウの大好物

20040423_choucho.gif

畑の畦を歩く。
暖かい日差しの中、よく見るとあちこちにモンシロチョウが飛んでいる。

一匹で悠然と飛んでいるものもいれば、何匹か、あるいはペアで、楽しそうにおしゃべりしているものもいる。

ここはキャベツ畑。モンシロチョウといえば、なんといっても大好物はキャベツでしょう。
やがて生まれてくる赤ちゃんのために、やわらかくておいしいキャベツを物色中か。
はっぱのところどころ、黄色いつぶつぶは、誕生を待つ赤ちゃんの卵か。

畑を飛び交うモンシロチョウを随分長いこと眺めていた。いつしか頭の中には「よかったね」「よかったよ」の言葉が聞こえ始める。
そうそう、あまんきみこの「車のいろは空のいろ」の中の「白いぼうし」のお話だ。  

Posted by じゅの at 18:58Comments(2)季節を散歩・春編

2004年04月23日

箒からけやきに

20040411_keyaki.jpg

空に向かって竹箒をさかさまにしたような形。まるで枯れ木のようにひっそりとしていたけれど・・・

なぜか欅(けやき)の木は先っぽから新緑が伸びる。
箒の先っぽを、ぽろんぽろんとまるく囲む緑の葉っぱたち。
まるで、誰よりも先に高いところを目指そうとしているかのようだ。  

Posted by じゅの at 00:20Comments(2)季節を散歩・春編

2004年04月19日

線路・春姿

20040411_senro_haru.jpg

某私鉄、某駅付近の某陸橋の上から、線路を見下ろす。

少し前まで土手も回りの木々も、寒々とした茶色だった。それも今では柔らかな春の息吹。
土手は緑に、木々は黄色に、それぞれに春化粧。
木々の黄色はエニシダの群れか。

何があっても必ず季節は巡る。自然の力って、すごいと思う。あまりにもありきたりな、陳腐な表現だけれど、やっぱり「すごい」と思うよね。  

Posted by じゅの at 12:32Comments(4)季節を散歩・春編