さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2006年11月26日

房総半島の駅舎を訪ねる《その2》=袖ヶ浦(そでがうら)駅=



千葉駅から内房線に乗って8コ目の袖ヶ浦(そでがうら)駅。
千葉県袖ヶ浦市の中心駅だ。
1912(大正元)年、「楢葉(ならは)駅」として開業。1974(昭和49)年に「袖ヶ浦」と改称。
しかし、駅名は変わっても、駅舎は開業当時の姿をとどめている。



ホームは島式の1面2線。
優等列車もばんばん走る内房線だけに、ホームは長く、立派だ。
ホームと駅舎をつなぐ跨線橋がなんだか良い感じ。



古ぼけた跨線橋には、青いスカ色のまるみを帯びた姿が良く似合う。

(2006年9月9日・内房線袖ヶ浦駅にて撮影)  

Posted by じゅの at 12:27Comments(0)電車旅/JR内房線

2006年11月25日

房総半島の駅舎を訪ねる《その1》=内房線・スカ色電車=



関東地方の南東部、太平洋に面した房総半島。地理的には東京都のすぐお隣。でも、その先までは意外と遠い。

千葉県の県庁所在地、千葉駅の少し先、蘇我駅で別れ、東京湾側から半島の先端に向かう内房線と、いったん内陸に入り、太平洋側へ出てゆく外房線は、それぞれの終点、安房鴨川駅で再び出会う。

首都圏に近く、ビル郡の多い風景は、千葉駅を過ぎると、のどかな田園風景に包まれる。
更に進むと、車窓から青い海も見え始める。
白砂青松のイメージを持つスカ色電車と、車窓の色がマッチしはじめる頃、味わいのある停車場たちも顔を見せ始める。

(2006年9月9日・内房線太海駅付近にて撮影)  

Posted by じゅの at 11:38Comments(0)電車旅/JR内房線