さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2004年05月02日

たけのこ

20040430_takenoko.gif

たけのこの季節。
スーパーに行くと、米ぬかとセットになって売っている。

お使いの途中、近所の竹やぶのそばを通る。
そこには立て看板があって、「たけのこ直販します」と書いてある。

私はそれを見ながら、ふと母を思い出す。
毎年この季節になると、米ぬかでたけのこを湯がいて、甘辛く煮た煮物を作っていたっけな、と。

幼い頃、なんとなくいがいがした感じがあって、たけのこはあんまり好きではなかった。母はたくさん煮るけれど、あまり箸は出さなかったっけ。
しかし、それがおいしいな、と感じるようになったのは、いったいいつのことだっただろう。
先っぽの方の思いがけずのやわらかさと、根っこ近くの歯ごたえのあるこわさ。

しばらく会っていない母の顔を思い出しながら、ぼんやりと歩いていると、若い竹の根元にたけのこをみつけた。
長さはもう50センチにもなっていて、さすがにこれはもう食べられない。
人間の捕獲の手を逃れて、これから君はぐんぐん天を目指すのね。

同じカテゴリー(季節を散歩・春編)の記事
 どくだみ (2004-05-22 10:58)
 バッタくん・・・生きるための真実 (2004-05-19 19:54)
 てんとうむし (2004-05-15 16:08)
 特別の花・クレマチス (2004-05-08 09:31)
 浮かぶ雫 (2004-05-03 20:58)
 すずなりの鈴・・・すずらん (2004-04-30 14:23)
この記事へのコメント
このサイズは、もう硬いけどまだ食べれる範囲になると思いますよ。実際に自分もこの位の筍を掘るのは面倒だから蹴っ飛ばして持って帰ったことがあります。笑。でも、筍にヌカなんて初めて聞きました。自分から見て、ヌカはヌカ付け、釣りに使うヌカダンゴしか想像が付かないからね。
BYけんちゃん
Posted by revolution at 2004年05月03日 14:46
ヌカは筍のえぐみを取るときに使いますね。
米のとぎ汁を使う方法もあります・・・。
Posted by らっぱくん at 2004年05月03日 18:20
けんちゃん、らっぱくん、こんにちは。

そうそう。らっぱくんの言うとおりです。
米ぬかはたけのこのあく取りに使います。
米ぬかや米のとぎ汁で湯がくと、えぐみが抜け、やわらかく茹で上がるんです。
とりたてのたけのこを生(お刺身?)で食べるのもおいしいんですよね。
これ、まだ食べられるの?でも、「直販します」って書いてるくらいだから、勝手に持ってはいかれないですね(^^ゞ
Posted by じゅの at 2004年05月03日 20:49
子供の頃、自分ちの山に筍掘りに行きました。理由は、掘りに行かないと山の近くに住む人が取るから、というはなはだ説得力に欠けるもの。

長靴を履いて、足の裏やつま先で地面を探りながら、ほんの少しだけ顔を出した筍を、名前は知りませんがそれ用の農具で掘るのです。(まさに筍掘り)

掘ったあとは、母と祖母が大きなおなべで糠といっしょに茹でてました。その後は、親戚や友人に配るのですわ・・・で、これにも動員され、春の一日は全然楽しくなかったわ(笑)。
Posted by ゲスト at 2004年05月04日 22:52
同じたけのこひとつにも、それに対する思いというのは人それぞれですね。

私も、まだ顔を出すか出さないかのうちに掘るという話を知人から聞いたことがありました。
大きくなったたけのこも、それはそれでおいしい食べ方があるのかも。

小さい頃に義務としてやらされてしまうと、ちっとも楽しいことにならないかもですね。
Posted by じゅの at 2004年05月05日 12:38
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
たけのこ
    コメント(5)