さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


2004年05月27日

素朴な疑問・・・売れ残った動物達

私の家では血統書付きのペットを飼ったことがない。
なので、ペットショップやらブリーダーやらの実態というやつにはとんとうとかった。

しかし、最近、あることをきっかけにして、ふと、ペットショップで売れ残った動物はどうなるのだろう、という疑問にぶちあたった。

ペットショップ 売れ残り をキーワードにして、ネットで検索してみた。
もちろん、売れ残った動物たちは、普通には幸せにはなれないだろうなと薄々わかってはいた。
それに、ネット上に書き込まれたことだから、根も葉ない噂話であることも多々あるのだろう。

値段を下げて、誰かのおめがねにかなって買い取られれば、それはそれでラッキー。しかし、多くはショップをたらいまわしにされ、挙句のはてに保健所に引き取られたり、動物実験用に安く買い取られたり、というケースもあるとかで、冷静に読み続けることができなかった。

ペットショップでは、狭いガラスのショーケースに動物を入れ、陳列して売っている。私もペットショップの前を通りかかったとき、「かわいいねぇ」などと言って、見とれてしまうことがしばしばある。
しかし、そういう売り方をしているのは、日本くらいだとか。
欧米のペットショップの多くは、ブリーダーとの中継ぎ役をするだけで、ショップに動物を置くことはなく、そういう売り方を法律で禁止している国もあるそうだ。

私は何も考えずに、そこにいる動物を見つめ、心を和ませていたけれど、動物側にしてみればそれは大きなストレスになっていたにちがいない。

ほとんどの動物たちは、心優しい飼い主さんの下で、幸せに暮らしているのだろうと思う。また、ショップもブリーダーも、みんな動物を愛して止まない人々であると思いたい。
ただ一部、ほんの一部の、金儲けに走る輩、動物の尊い命を命と思わず、物のように扱う飼い主、そんな人たちのために、不幸な動物たちが生まれ続けているのか。

日本でも、人間と動物たちがよりよく共生してゆくために、虐待に類する行為を厳しく罰する法律を設ける時期がきたのではないだろうか。
もちろん、一人一人が自覚すれば、なんの問題もおきないはずなのだが。

コメントをいただいた [ほたるさんのサイト]:http://blog.melma.com/00105921/20040128223717 に、トラックバックしたいと思う。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(素直なきもち)の記事画像
いやぁ、まいっちゃったなぁ
予期せぬできごと・・・そして復活
閑話休題=移行作業は大変だよね=
同じカテゴリー(素直なきもち)の記事
 みかん電車ドットコム 完成 (2007-07-16 20:33)
 いやぁ、まいっちゃったなぁ (2007-07-08 22:50)
 予期せぬできごと・・・そして復活 (2007-03-11 12:01)
 閑話休題=移行作業は大変だよね= (2006-10-07 12:21)
 「すっぴん」の私 遅れてる =朝日新聞の連載記事から= (2006-01-09 13:08)
 素直な気持ちを文字にするということ (2005-12-13 22:40)
この記事へのコメント
携帯で書いたから読みづらかったらごめんね。

ペットショップは動物を一種の品物と考えています。利益を産まない物はいくら
それが動物だろうが何だろうか単なる邪魔な物なんです。
自分は以前から売れ残った動物の運命を知人が熱帯魚店をやっていた関係上、業
者から話を聞いて知っていたけど、悲しみが増えるから黙っていました。
汚い言い方・卑怯な言い方をすれば人間は臭い物には蓋をしろって考えがあり、
知らなければ知らないでいいって言う事もあるんです。
でも目を避けていては何も変わらないし動物と共同生活をする上で、捨てられた
らどうなる・売れ残ったらどうなるって言う事をみんな知るべきだと思う。
免許の書き換えの時に必ず悲惨な事故の、なまなましい現場の映像を見せるよう
に動物と暮らす人には必ず見せるべきで、
動物にはブームも何もないって言う事・動物は、自分を引きだてるブランドでは
ないって言う事を思うべき。
静岡のリサイクルショップには、マルチーズ2匹がいて2匹とも尾をオレンジ・紫
色で染められている。
これって動物を可愛いって言う考えでやったと本人は思うかも知れないが俺から
見れば単なる虐待。
話がだいぶずれたけど一般家庭で純血統の子を繁殖して生活をしてる家では売れ
残った子は家に置いといても無駄金を産む元だから、子犬引き取り会?に出しま
す。
もし残ったら、後の運命はもう分かってるとおりです。
ペットショップ並びに愛犬家を名乗る人は、どうやって動物がゴミみたく殺され
ていくのかを言わないし・逆に考えようともしない。
以前TBS系列の番組、動物奇想天外の中で、人間に捨てられ、保健所で殺され
て行く場面を流した。
俺は正直言って、辛くて見れなかったし、その時は何で残酷な画像を出すんだろ
う?て考えた。
でも誰かがやらなければ現実を誰にも伝える事はできない。
台湾は仏教の国だから殺生は禁止されていて宿無しの犬は沢山いる。中には交通
事故にあう子もいる。
でも台湾は傷付いた動物・宿無しの犬を保護して虚勢・避妊手術をしてまた以前
住んでいた場所に戻す。
海外では動物と暮らす場合には許可が必要でペットショップって言う店では動物
を売ってない。
もし欲しければ保健所に行って面接・家庭環境を調べた上でやっと一緒に暮らせ
る。
日本も利益など頭におかず動物と生活をするには必ず面接・家庭環境を考えた上
でやれば犠牲になる動物は減ると自分は思うし無意味な動物実験も自然に消える
と信じてる。
Posted by revolution at 2004年05月28日 12:01
revolutionさん、携帯からの投稿、ありがとう。疲れたでしょ?

実際にペット産業に携わる人たちの話を聞くと、ずっしりと重いものがありますね。
私はネット上に浮かび上がる文字を読みながら、ネタであることを願っていたけれど、全てが真実ではないまでも、あながち大嘘ではないんですね。

外国では、ペットの市民権みたいなものがある程度確立しているみたいだけれど、日本ではまだそういう状況にはならないのでしょうね。
まだ、人間は動物よりもえらい、という感覚があるのでしょうか。

人間は家畜を食べるし、実験動物は必要不可欠なのかも知れない。でも、昔から人間のために命を落としてくれた動物には心から感謝し、必要以上の殺生をしなかったはず。

私のうちはハムスターなどの小動物以外、ショップから買ってきたことはなかったので、こういう事実はほとんど知らなかった、というか、興味を持たなかった。でも、犬や猫に限らず、うさぎだってハムスターだって小鳥だって、商売道具である以上はその可能性はあるわけで。

revolutionさんが言うように、華やかなペット産業の裏側の悲しい部分を、みんながよく知るべきなんだね。

私は本当は犬は苦手だけれど、でもやっぱりこの世に生まれてきた以上は、幸せにくらして欲しいと思う。
とっても大切なたったひとつの命だものね。
Posted by じゅの at 2004年05月29日 01:23
以前私も自分の別サイトで取り上げたことがあるので、URLを貼っておきますね。
http://blog.melma.com/00105921/20040128223717

結構、つらい内容なので、無理には読まないで下さいね。
むしろ、こういう記事を読んで心を痛める人には、読んでもらわなくても良いものだと思います。

みんな、「自分さえ良ければ」っていう気持ちがあるんでしょうね。
ペットが売れれば、ペット用品も売れる。
そういう欲が優先して、ペットの立場になるということをしない。

人間のきまぐれやわがままで無造作に殺される犬や猫を少しでも減らす為に、私たちに出来ることはなんでしょうね?
やっぱり、こうして記事にすることは大切ですね。
Posted by ほたる at 2004年05月29日 11:46
動物実験ははっきり言って動物と人間との皮膚の厚さの違い・組織は一緒としても大きさが違うわけだから全く意味がない儀式。自分は以前、本で読んだことがあるけど、目薬を作るのにはウサギが1番いいらしい。ウサギは鳴きもしないし打ってつけだと書いてあり実際の画像も出していた。他にもオウム真理教の、ヘッドギアじゃないけど頭に電極を付けられたサル・片足がない・犬・猫。もっと言えばきりがないくらい人間は酷いことを動物たちにしている。
いずれ猿の惑星ではないけど動物と人間の順位?が入れ替わり、人間を動物実験にする日が来てほしいと悪魔的な考えを持ってる自分です。
Posted by revolution at 2004年05月29日 14:57
色々皆さんの書いたことに 同感させらせます。。
ほんと 人間ほど 傲慢で身勝手な生き物はいないかも・・・
動物愛護協会とかで 色々活動してる人だって、 豚や鳥や牛だって食べてるでしょう〜〜 笑)
あ! ちょと まとはずれな話をしてしまった。(-c_,-。)プッ
ゲストの花みずきでした。。。
Posted by ゲスト at 2004年05月29日 17:59
>ほたるさん
前回の動物の命に関するエントリーのときにも、いろいろな思いがあるとおっしゃっていましたよね。
先ほど、紹介してくださったサイトを読ませていただきました。
ほたるさんも心を痛めた一人なのですね。

私は実際にわざわざ買ってきてまでペットを飼わないので、ペットと共に過ごされているみなさんにとっては、まとはずれないやなことを言う人と写りはしないかな、と、びくびくしながらこのエントリーを書きました。
でも、ペットを愛する人こそ、むごいことはむごいことと受け止めて、自分のペットライフを正して行こうとしてくれるのかな、と思いました。

問題は、そういう事実をまったく知らない人、でしょうか。もちろん、知ってて尚且つ同じことを繰り返す人は論外として、事実を知らないために安易にそういう方向に走ってしまう人。
こういう人たちのために、少しでも現実を知ってもらう努力は必要なのかも知れませんね。

ほたるさんが紹介してくださったエントリーに、あらためてトラックバックさせていただきました。

>revolutionさん
動物実験は必要不可欠だと思っていたけれど、そうとばかりは言えないんですね。
なんだか知れば知るほど、人間はいったい何やってんだ、って感じになってきますね。
相手は言葉をしゃべらないから、なにをやってもいいんだ、みたいな感じになってしまうのかしら。
動物たちの頂点に人間がいるんだという傲慢さがみえてきますね。

>花みずきさん
人間が馬や牛を食べるのは、ライオンがしまうまを食べるのと同じだと思うんですよ。
ただひとつ違っていることは、ライオンは自分の食料を得るために、無駄な狩りをしない、ということかな。
人間はそれで利益を得るために、いろいろと操作してより多くの家畜を得ようとするでしょ?
そのあたりからバランスが崩れてきているのかな、と思うんです。

少し前のように、肉がとても高かった時代に戻るべきなのかな、なんて考えたりもします。
それでも、安い肉を喜んで食べるんですけどね。私も。
動物愛護とそのへんとの切り分けは、難しいなぁ、と私も思います。
Posted by じゅの at 2004年05月30日 09:49
まとはずれだとは感じていませんよ(笑)
でも、たとえ他の人が「まとはずれだ」と思うとしても、それがじゅのさんの意見なら、言うのは良いと思います。
考え方は人それぞれですよね。
読まれることを考えて書くことも大事ですが、そのせいで考え方まで装う必要はないと思います。
自分のブログだしね(笑)
Posted by ほたる at 2004年05月31日 09:02
でもね、考え方は10人10色だしね。
いやだな、と思っている人はいると思う。
だけど、私の立場での意見はこうだから、それはそれでいいのよね。
違う考え方があれば書いてくれればそれについてまた考えるしね。
Posted by じゅの at 2004年06月01日 09:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
素朴な疑問・・・売れ残った動物達
    コメント(8)