さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2005年06月19日

長崎からの贈り物《その6》=島鉄と島原の子守唄=

20050611_kiha_3.jpg

私にとっては長崎県は未知の世界。そこで、『島原鉄道』について、いろいろと調べてみた。

かわいらしい黄色のキハに描かれたイラストが、『島原の子守唄』をイメージすることを知り、それはどんな子守唄だっただろうと調べを進めてゆくうちに、悲しい現実を突きつけられることになった。

日本の子守唄は、幼くして子守奉公に出された少女が、奉公先の子のために歌っているものが多く、『島原の子守唄』も例外ではなかった。
貧しい生活を支えるために奉公に出された少女は、ぐずる背中の子どもに対して、「そんなに泣いたら、人買いに連れてゆかれるぞ」と脅しながら、わが身の辛さをそこにぶつけている。
そして同時に、『からゆきさん』の哀切も歌いこまれていたのだ。

江戸時代の末から、明治、大正、昭和の始め頃まで、からゆきさんは存在していた。
からゆきさんとは、その語源が『唐行き』さんであるように、唐(当時、外国のことをひっくるめて「唐」といった)へ向けて売られていった娘たちのことだ。
からゆきさんは、全国どこからも出たが、特に西日本に多く、海に面している地域に目立った。その中に島原地方も含まれていた。
20050611_komoriuta_2.jpg
いくら世の中は不景気だと言っても、私たちはなんとか生活できている。しかし、食べることもままならず、我が子を身を切る思いで手放した、そんな時代が、私たちが今も生活するこの土の上にあった。

私たちはそういった様々な悲劇の上に、豊かな日本が築かれていることを、決して忘れてはならないと思う。

姉さんかぶりの少女の笑顔の裏に、深い悲しみがある。

※『からゆきさん』については《からゆきさんの小部屋》をご参照ください。

参加してます → banner_02.gif

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/島原鉄道)の記事
 長崎からの贈り物《その5》=神代町駅のホームから= (2005-06-19 14:28)
 長崎からの贈り物《その4》=神代町駅= (2005-06-19 13:42)
 長崎からの贈り物《その3》=踏切と空= (2005-06-18 23:28)
 長崎からの贈り物《その2》=島原鉄道とは= (2005-06-18 11:51)
 長崎からの贈り物《その1》=おどみゃ島鉄号= (2005-06-18 11:28)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
長崎からの贈り物《その6》=島鉄と島原の子守唄=
    コメント(0)