さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2005年11月06日

湯けむりの町、草津を訪ねて《その8》=鄙びた温泉街・川原湯温泉=

20051015_09_kawarayu_kyoudouyokujou.jpg

駅前の大通りを、長野原草津口方面にしばらく行くと、川原湯温泉へのゲートが見えてくる。
そこを左に折れ、坂道を登って行くと、川の流れる音が聞こえてくる。吾妻線とほぼ平行して流れる吾妻川の支流、大沢川だ。
川に架かる橋をわたり、しばらくゆくと、その坂道沿いに、温泉街が現れる。

温泉街、と言っても、華やかな観光地の雰囲気はなく、長逗留しつつ疲れを癒す、湯治場を思わせる。

写真は、温泉街の一番先、共同浴場の「王湯」だ。
入浴料、大人300円。
乗り鉄はここで終わりにして、ゆっくり温泉に浸かっちゃおうかとも思ったけれど、用意もしてないし、お風呂から上がって帰ることを考え、今回はやめとこか、ということになった。

鄙びた感じの温泉街だが、歴史は古く、今からおよそ800年前、源頼朝によって発見されたと伝えられている。
歴史ある温泉街もまた、近い将来、湖底に沈むのだ。

banner_02.gif

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/JR吾妻線)の記事
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その11》=長野原草津口駅・ホームにて= (2005-11-06 14:47)
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その10》=長野原草津口駅= (2005-11-06 14:24)
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その9》=みかん電車すれ違い(川原湯温泉駅にて)= (2005-11-06 13:57)
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その7》=水没する駅・川原湯温泉駅= (2005-11-03 11:03)
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その6》=吾妻線・115系= (2005-11-03 09:46)
 湯けむりの町、草津を訪ねて《その5》=天日干し(吾妻線の車窓から)= (2005-11-03 09:28)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
湯けむりの町、草津を訪ねて《その8》=鄙びた温泉街・川原湯温泉=
    コメント(0)