さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2005年11月28日

【さよなら】 京急700形引退 【お疲れ様】

20051128_01_700.jpg

今日、11月28日で、京浜急行700形が引退する。
仕事をちょっとだけ抜け出して、京急川崎駅に行ってみた。

700形は、普通電車の乗降時間短縮を目的とし京急で初めて4ドアを採用した車両だ。しかし、他の車輌と比べると起動時の加速が悪いため、本線では運用せず、専ら大師線のみの運用となっている。

いよいよ大師方面からやってきて、1番線ホームに入線した。
先頭車両にはヘッドマークがついている。
今日は一般の乗車はなく、幼稚園、保育園のちびっこたちをお客様として、セレモニーが行われた。

20051128_02_700.jpg

左側が、今日引退する700形、右側が今後を託す1000形だ。
ヘッドライトの位置が、上に飛び出している1000形に対し、700形は埋め込まれているのがわかる。

20051128_03_700.jpg

セレモニーは30分ほど続き、ちびっこたちを乗せた700形は、ホームを出て行った。
※最後の運行を終えて品川駅に回送されるところだったので、子どもたちは乗っていなかったそうです。(2005.12.03・訂正)

20051128_04_700.jpg

大師線は、京急川崎駅を出ると、大きく右にカーブしている。しかし、今日の700形は、そのまま直進し、坂を上って高架になっている本線に乗り、品川方面に行ってしまった。

赤くてコロンとまるくて、私鉄の中では一番好きなな電車。
元旦には川崎大師への初詣客の輸送を一身に担う。

長い間がんばってきた700形。お疲れ様、と言いたい。

ただひとつ、残念なことがある。
これまでのがんばりをねぎらうためにセレモニーを行うのは良い。
でも、これまで大師線としてがんばってきたのだから、最後の日も大師線を走らせて欲しかったと思う。
それと、「貸切」ではなく、いつもの「京急川崎−小島新田」の方向幕で。

※セレモニーに参加された幼稚園の園長先生からコメントをいただきました。
最後の日の運行は本線ではなく、大師線だったそうです。
私が出会ったのはたまたま最後の日の「最後」の運行だったため、品川駅留置に備えて本線に入っていったようです。
よかった。それじゃなくちゃね。(2005.12.01・追記)

※「貸切」でなく「京急川崎−小島新田」の方向幕で、と書いたのは、あくまでも『方向幕』についてのみ感じたことです。沿線の園児たちのために貸切にしたことはとても素敵な企画だと思っています。関係者の方々には不愉快な表現だったことをお詫びします。(2005.12.03・追記)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/京浜急行)の記事
 出遅れたけど、初詣 【京急大師線で川崎大師へ】 (2006-01-05 21:51)
 赤い電車で三浦半島へ《その3》 (2005-02-06 23:04)
 赤い電車で三浦半島へ《その2》 (2005-02-06 23:03)
 赤い電車で三浦半島へ《その1》 (2005-02-06 22:41)
この記事へのコメント
貴女が おっしゃるように・・・
最後の日だからこそ いつもの線を
走って欲しかったわね!
Posted by プチひまわり at 2005年11月29日 14:52
私のブログにコメントありがとうございました。
11/28、700形は朝9時台から貸し切りとして沿線の幼稚園・保育園児を乗せて走り、私どもの幼稚園児が最後に乗らせていただきました(私が園児参加の言い出しっぺだったもので)。4〜5往復だったと記憶しております。
セレモニーのあとは空車で本線経由〜品川駅に回送され、駅繋留ホームで2時間ほど展示(車内入場可)されたと聞いております。
(うちの園児たちは通常運行の1000形で帰ってきました)
この運行の概要は京浜急行ホームページにも出ていましたし、多くのブログに書かれています。

最後の日も通常運行を、ですか・・・
そうすると、私の発案(貸し切りとはお願いしませんでしたが)、園児たちの貸し切りは皆様にはおじゃまと感じられたのですね。
残念です。
Posted by ゲスト at 2005年12月01日 13:01
コメント、ありがとうございます。

でも、プチさんの下にこてつさんが書いて下さっているように、私の勘違いだったようです。
たまたま運良く見送りできた電車が、最後の運行だったために、本線に乗っかって行ったようです。
エントリーの本文も訂正しておきますね。
Posted by じゅの at 2005年12月01日 14:22
こてつ様、早速のコメントをありがとうございます。

完全に私の勘違いだったようです。
京急川崎駅を出ると、大師線は大きく右側にカーブして行きますよね。私はあの姿が好きで、ホームの先っぽにいたのです。
セレモニーが終わって最後に長い警笛を鳴らしてホームを出発したとき、私はその姿を創造してわくわくしながら見ていたので、まっすぐ行ってしまったことにものすごくがっかりしたのでした。
ぎりぎり都合のつく時間にたまたま行ってあの場にいたので、あれが最後の運行であることも知らなかったので、「まっすぐ行ってしまった=最後の日は本線を運行した」と思い込んでしまったのです。
しかし、こてつさんのサイトを拝見し、いや、これって大師線じゃないか、と思ったとき、確認してもし勘違いなら訂正しなくては、と思ったのでした。

ろくに調べもせずそのとき自分で見たまま、感じたままを書いてしまったために、不愉快な思いを与えてしまったこと、お詫びします。

最後の運行だから通常運行ではないのはありだと思っています。
園児のみなさんに貸切にしたのも、不満はないんですよ。それまでに告知して、十分に通常運行をしていたのですから。むしろ小さなお子さんにとってはとても夢のある企画だったと思っています。
私が残念だと書いたのは、本線を走らせた(これは勘違いです)ことと、『方向幕』が「貸切」であったということです。電車好きは意外とこの『方向幕』にこだわるものなのです。
でも、貸切にしておかないと、混乱するんですよね、きっと。

世の中スピード時代ですよね。ごとごと走って時間ばかりかかるこんなローカル線よりも、少しでも迅速なものを求めます。どこの家庭も車があって、電車よりも車でと思うことの方が断然多いです。
そんな時代なのにわざわざ子どもたちのために「電車」って考えて下さった園長先生、私はステキだと思いました。
Posted by じゅの at 2005年12月01日 14:54
私の探しているブログでした。久しぶりに見ることが出来て嬉しかったです。
Posted by お芋だいすき at 2005年12月01日 16:18
方向幕の話、お気持ちはわかります。
ただ、このままですとこのページを訪れるかもしれない保護者や関係者が悲しい思いをするかも、と思い少し書かせていただきます。

方向幕は運行実態を表すものですよね。
とすると「京急川崎−小島新田」の幕は通常運行用ですので、貸し切り運転中の編成に掲げてしまったら問題ですね。
それこそ鉄道ファンとしてはいやなのではないでしょうか。
すると、じゅのさんの書かれていることは「貸し切りにするべきではなかった」というところに帰結してしまいます。
少なくとも私にはそう読めました。

でも、子どもたちや保護者たちは700形最後の日に貸し切りにして下さった京浜急行に感謝しているのです。
方向幕よりも、700形が最後にどういうことをしたか、子どもたちがそれによってどんなに素晴らしい経験をできたかを考えて下さるとうれしいです。

不愉快に思われたらごめんなさい。上記はあくまで私個人の感想です。
Posted by ゲスト at 2005年12月01日 16:38
はじめまして。
引退してしまったのですね。
小さい頃はよく乗った記憶があります。
昔ながらの京急の車両が無くなっていきますね・・・。

イロイロな記事があって楽しいブログですね。
また、楽しい記事を待っています。
頑張ってください!
Posted by ゲスト at 2005年12月02日 22:18
お探しの方がみつかってよかったですね。
わざわざコメントをありがとうございました。
Posted by じゅの at 2005年12月03日 08:06
青い電車も大師線を走らせれば、もっとスゴイことになってたかも・・・(笑)
Posted by らっぱくん at 2005年12月03日 08:45
私の気持ちに中にはこてつさんがおっしゃるような気持ちはまったくありませんでした。なので、そう指摘されたとき、あぁ、なんかまずいこと書いちゃったんだなぁと思いました。
そういわれて読み直してみると、確かにこてつさんがおっしゃるように読み取れてしまいますね。申し訳ありません。

私にも十数年前にこてつさんの幼稚園の園児さんのように、時間を忘れて電車を見つめていた息子がいますので、園児さんたちの気持ち、その保護者の方々の気持ち、わかるつもりです。だから貸切ということ自体は鉄道会社の粋な計らいと感じ、よかったと思っています。あの文章は、「方向幕だけそうだったらよかったのになぁ、でも、それは無理なんだよねぇ」と思いつつ書いていますが、そこまでは読み取れませんよね。すみません。

私は京急の赤い電車が好きと言っても、常に京急を利用しているわけではありません。むしろ外からその走る姿を見ているのです。なので駅に貼ってあるポスターも電車の中吊りも見ていません。引退することは26日の全国紙の記事で知りました。次の日は日曜日だし、乗りに行くにはちょうどよいと思い、京急に電話で問い合わせをすると、日曜日は点検のため運用がないことがわかり、では最終日、平日にぎりぎり都合のつく時間を訊ねたところ、たまたまその時間を教えていただいたのでした。
そういう事情で、いつもの姿を見られなかったことを残念に感じたわけです。

せっかくのステキな思い出に水を差されたように感じるかもしれません。でも、私の感じたことは全て私の都合からです。もっと熱烈なファンの方だって、そんなこと思わなかったかもしれないし、私もその前に通常の姿を心にとどめていたら、やっぱりそのようには思わないかも知れません。ひとつの事柄も見る方向が違うと感じ方も違ってくるものだ、そのように捉えていただくわけにはいかないでしょうか。

繰り返しますが、「貸切にするべきではない」とは一瞬たりとも思いませんでした。誤解を招く表現だったこと、お詫びします。
Posted by じゅの at 2005年12月03日 08:48
はじめまして。コメント、ありがとうございます。
私は最新の車輌よりも古い形の車輌の方が好きなので、引退してしまうのは本当に寂しいことだと思います。
でも、性能の良いものがあらわれ、古いものが姿を消すのは仕方のないことですよね。
より最新のものが好きならば、こんなに寂しい思いをしなくても済むのになぁと思います。
電車好きと言ってもマニアには程遠いので、ときどき嘘も書いてあったりしますが、よかったらまた来てくださいね。
Posted by じゅの at 2005年12月03日 08:57
TB、コメント、ありがとうございます。
最終日に青い電車、おもしろいですね。
しかし、京急はなぜあそこまでがらっと色を変えてしまったのでしょうね。
色のイメージはそのまま、材質を変えるならわかるのですが。
そのうち、京急=青い電車 と呼ばれる日が来る・・・?
Posted by じゅの at 2005年12月03日 09:26
じゅのさん、丁寧なコメントありがとうございました。
もちろんじゅのさんは「自分が見に行ったときに、いつもの方向幕を見られなかったのが残念だった」という意味で書かれたんだろうなとは思っていました。
それでも、誤解が誤解を生む事態にしたくなかったのであえて書かせていただきました。

文字だけのコミュニケーション、表現はとても危なっかしいもので、私も今までに何回も他人に不愉快な思いをさせてしまったことがあります。
そのとき、「こういう表現にすれば良かった」とか「相手はこう考えているかも」と指摘や助言をしてくれる人たちがいて、少しは私も成長したように思っています。
(まだまだ危なっかしいですが)
ですので、私がしてもらったことをほかの人にも行い、お互いに成長できたらと思っているんです。
お節介といえばお節介、かえって不愉快にさせると言えば言えますが、そう思われれば私の人徳の足りなさ、甘んじて受けます。

じゅのさんのコメント、とても誠実でお人柄を感じました。
私の方も言葉が過ぎた部分があることを反省しお詫びいたします。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ゲスト at 2005年12月03日 14:59
お返事、遅くなり申し訳ありません。

面と向かってはもちろん、ネット上でも率直な意見を言うのは躊躇してしまうものです。
そんな中で気付かなかった点を指摘してくださったこと、本当に嬉しく思います。

自分の立場と反対の人の立場を考えることはなかなか難しいことですが、自分の気持ちに素直になりつつも、様々な立場に思い馳せる事、心がけたいと思います。

ご指摘、ご助言、ありがとうございました。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by じゅの at 2005年12月06日 00:17
赤い電車。
蒲田に住んでいますので、それで仕事かようことも検討したことがありました。
先日は生麦までいってきました。
東京に来て一年。
何かと京急に親しみを感じるこのごろです。
Posted by shell at 2005年12月11日 00:19
元気にしてますか?
寒くてもやはり電車の旅してるの?
Posted by プチひまわり at 2005年12月11日 10:20
京急の青い電車は少ないからありがたみがあるのかもしれませんね。
『青い電車に乗れれば、その日いいことがある』とか、ジンクスや噂も出来るかも知れませんね。
また○○公園のボートみたいに、アベックで乗ると別れるとか、嫌な場合の噂も出来るかもしれませんが・・・(汗)
Posted by らっぱくん at 2005年12月11日 14:10
みなさんコメントありがとうございます。お返事遅くなりました。

>shellさん
お久しぶりです。
そうですか、京急のお膝元にお住まいなのですね。
ころんとまるい赤い電車、かわいいですよね。
私もshellさんの魅力的な写真、ときどき見せてもらってますよ。

>プチひまわりさん
急に寒さが厳しくなってきましたね。
雪景色の列車も素敵ですが、さすがに師走はなかなか時間が取れません。
プチさん、さりげないお心遣い、ありがとうございます。

>らっぱくん
京急の赤は、川崎大師のだるまをイメージしているということなので、そう簡単には青くなならないでしょうね。
正反対の青い電車は、京急のちょっとした遊び心なのかも。

新年へのカウントダウンももうすぐです。
あともうちょっと、忙しい師走をがんばりましょうね。
Posted by じゅの at 2005年12月14日 00:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
【さよなら】 京急700形引退 【お疲れ様】
    コメント(18)