さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年06月11日

蔵の街・川越を訪ねて《その1》=始まりは大宮駅から=

20060610_001_oomiya_station.jpg

江戸時代の蔵造の街がそのまま残り、「小江戸」と呼ばれている埼玉県の川越市。
そこを走る川越線に乗ろうと思う。

もともとは高麗川駅(埼玉県日高市)と大宮駅(埼玉県さいたま市)とを結ぶ路線だったが、埼京線が乗り入れた現在では、大宮−川越を埼京線、川越−高麗川を川越線と言っているのかなと思う。

高麗川と大宮、どちらから行こうかなと考えたが、今回は湘南新宿ラインで大宮に出て、そこからひとつずつ高麗川まで下ってゆこうと思う。

大宮駅は、さいたま市の中心駅であると同時に、埼玉県内で最多の路線が集まるターミナル駅であり、また、国鉄大宮工場(現・大宮総合車両センター)があることから、鉄道の町といわれているだけに、駅舎も立派なビルだ。

高崎線や宇都宮線などから少し離れて、地下に降りていったところに、川越線(埼京線)のホームがある。

(2006年6月10日・撮影)

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/JR川越線)の記事
 蔵の街・川越を訪ねて《番外編》=八高南線・金子駅= (2006-07-15 22:05)
 蔵の街・川越を訪ねて《その15》=八高北線・キハ110系= (2006-07-09 16:51)
 蔵の街・川越を訪ねて《その14》=高麗川(こまがわ)駅= (2006-07-08 23:09)
 蔵の街・川越を訪ねて《その13》=終点到着= (2006-07-08 08:36)
 蔵の街・川越を訪ねて《その12》=武蔵高萩(むさしたかはぎ)駅= (2006-07-02 00:20)
 蔵の街・川越を訪ねて《その11》=笠幡(かさはた)駅= (2006-07-01 17:09)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
蔵の街・川越を訪ねて《その1》=始まりは大宮駅から=
    コメント(0)