さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年06月11日

蔵の街・川越を訪ねて《その3》=日進(にっしん)駅=

20060610_002_nishin_station.jpg

大宮駅から一つ目、日進(にっしん)駅で降りる。

駅前はさほど広くないが、そこから繋がる商店街は活気があり、人が常に行き来している。

駅舎は川越線が開業した1940(昭和15)年当時のもの。
白壁に黒い瓦屋根。正面から見た印象は、特に造りが凝っているわけではないけれど、堂々としているという感じ。
奥の屋根が高いせいかなと思う。

大宮から一つ目、日進駅のこの駅舎の形、まずは覚えておいて欲しい。

(2006年6月10日・撮影)

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/JR川越線)の記事
 蔵の街・川越を訪ねて《番外編》=八高南線・金子駅= (2006-07-15 22:05)
 蔵の街・川越を訪ねて《その15》=八高北線・キハ110系= (2006-07-09 16:51)
 蔵の街・川越を訪ねて《その14》=高麗川(こまがわ)駅= (2006-07-08 23:09)
 蔵の街・川越を訪ねて《その13》=終点到着= (2006-07-08 08:36)
 蔵の街・川越を訪ねて《その12》=武蔵高萩(むさしたかはぎ)駅= (2006-07-02 00:20)
 蔵の街・川越を訪ねて《その11》=笠幡(かさはた)駅= (2006-07-01 17:09)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
蔵の街・川越を訪ねて《その3》=日進(にっしん)駅=
    コメント(0)