さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年11月03日

青春18きっぷの旅《播但線編・その7》=竹田駅=



寺前駅からキハに乗り、長谷(はせ)、生野(いくの)、新井(にい)、青倉(あおくら)と乗り越して、その次の竹田(たけだ)駅で降りた。
赤いキハを見送った後、改札を出て駅舎を眺める。

駅前から見た駅舎の姿は圧巻だった。あまりにも堂々としていて、ただ見とれるばかり。
黒光りする瓦屋根と、堂々たる高さ。磨きこまれた茶色い梁を見せる白い壁、そして柔らかな木製の腰壁。



正面から見ると、こんな感じ。
二階の壁に掲げられた、角張った文字の駅名と黒い屋根。そしてその上を覆う緑と真っ青な空にぽっかりと浮いた白い雲。
入口正面の改札越しに見える、反対側のホームの様子。



改札を入り、和田山方面行きホームから、駅舎を見る。
半分だけきれいになった黒い瓦屋根がなんだかいい感じ。
昔ながらの木の香りに、現代的なプラスチックのブルーのベンチがうまくマッチしている。



立派な駅舎に相応しく広々としたホームにしばらくたたずむ。
ホームは対向式2面2線。右側駅舎側が寺前方面行き、左側待合室側が和田山方面行きホームだ。
和田山方面行きホームはかつては島式で2線あったようだが、後からはずされた形跡がある。

やがて、寺前方面行きの赤いキハが入ってくる。
深い緑に覆われた山と、白い雲がぽっかりと浮いた真青な空に、重厚な木造駅舎と赤い小さな列車の姿が美しい。

竹田駅の近くには竹田城址がある。
城下からはかなり高いところにあり、またしばしば円山川からの川霧に霞むことから、「天空の城」という異名をとっているそうだ。
城址と言っても天守閣はなく、石垣だけが残されている状態だそうだが、逆にそれが神秘的な状態を醸し出しているようで、「日本100名城」にも選ばれているそうだ。

そこを訪れた観光客の方に駅長さんが答えた、「大雨の影響で今は行かれなくなってるよ」の言葉に、異常気象の爪痕を見た思いだった。

(2006年8月23日・播但線竹田駅にて撮影)

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/2006夏・18きっぷの旅)の記事画像
青春18きっぷの旅《エピローグ》=青春18きっぷと下車印=
青春18きっぷの旅《小浜線編・その8》=敦賀駅・北陸本線=
青春18きっぷの旅《小浜線編・その7》=終点・敦賀駅=
青春18きっぷの旅《小浜線編・その6》=車窓から・夕焼け=
青春18きっぷの旅《小浜線編・その5》=車窓から・田園風景=
青春18きっぷの旅《小浜線編・その4》=車窓から・若狭湾=
同じカテゴリー(電車旅/2006夏・18きっぷの旅)の記事
 青春18きっぷの旅《エピローグ》=青春18きっぷと下車印= (2006-11-19 23:52)
 青春18きっぷの旅《小浜線編・その8》=敦賀駅・北陸本線= (2006-11-19 12:19)
 青春18きっぷの旅《小浜線編・その7》=終点・敦賀駅= (2006-11-18 20:53)
 青春18きっぷの旅《小浜線編・その6》=車窓から・夕焼け= (2006-11-12 14:09)
 青春18きっぷの旅《小浜線編・その5》=車窓から・田園風景= (2006-11-12 12:19)
 青春18きっぷの旅《小浜線編・その4》=車窓から・若狭湾= (2006-11-11 21:59)
この記事へのコメント
こんにちわ~~ (*^_^*)

ずいぶんと ご無沙汰してしまいました。
お変わりなく、そしてまた 楽しい電車の旅なさってるんですね”
とても嬉しく思います。

私も 新居?に何とか落ち着きました。
相変わらず・・・ヘッポコブログです(笑)
どこへ行っても 私のやる事は同じよー ウフ 

nonちゃんから 貴女の事 聞きました。
スグに 遊びに来ようと思いながら ・・・失礼してごめんなさい

確か? 北国さんでは「オーナーへメール」と言うのがあったハズだけど
見当たらなかったので、ここに書きましたが・・・・
(メールでないのが チト残念)
私のメールアドレスは nonちゃんに聞いてね(面倒だけど・・・)
では またね~~(^.^)/~~~
Posted by 元 プチひまわり at 2006年11月04日 14:51
元プチさんからお便り届きましたね。
良かった!
さっそくメール送りますね。
Posted by nonkoge at 2006年11月05日 00:14
>プチひまわりさん

こんにちは。お元気そうなので安心しました。
最後のプチさんへのコメントに失礼があったかな、と密かに心配していました。
でも、また遊びに来てくださったのでよかったです。

「オーナーへのメール」は、本館の方にメールボックスを置いているので、こちらはいいかなと思ってはずしているのです。
でも、何かのときには必要だったですね。
ごめんなさい、余計な手間を取らせてしまいました。

播但線は夏の青春18きっぷの続きです。
もう冬になっちゃうのに、いまだに夏の旅が終わってないんですよ。
もうこうなったら最後まで行っちゃえ・・・って感じですね。

プチさん、更新もまばら、交流もまばらな私ですが、これからもよろしくお願いします。

>nonkogeさん

いろいろとご配慮いただき、ありがとうございました。
大変お手数をおかけしました。

すがすがしい秋空を眺めながら、あぁ・・・またどこか行きたい・・・と思いつつ、もうしばらく夏の旅行記を続けます。
よろしくお付き合いのほど・・・^^
Posted by じゅの at 2006年11月05日 11:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
青春18きっぷの旅《播但線編・その7》=竹田駅=
    コメント(3)