さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2006年12月29日

房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅=



上総湊駅の次の次、浜金谷(はまかなや)駅。
千葉県富津市に位置する。
1916(大正5)年開業。
この駅舎もまた、開業以来の木造駅舎だ。

駅から約6分ほどのところにある金谷港は、東京湾フェリーで久里浜との間を35分で結んでいる。
近くには鋸山もあり、ロープウェーで登ることができる。

駅舎を正面から見てみる。
鮮やかな水色の瓦屋根と、手作り風の駅名板が印象的だ。



駅前から、千葉方面に少し歩くと、ここにもレンガ積みのトンネルがある。
何本もの線路が、くっついたり離れたりしながらトンネルの直前で一本になる姿が美しい。



あのトンネルから出てくるスカ色を捕らえよう、そう思ってしばらくその場に佇む。
やがて、トンネルから、下り館山行きの列車が顔を出した。



そうやって本当は乗るはずだった館山行きを見送り、駅に戻ってくる。
正面から右側、館山方面に何気に歩いてゆく。
そこには思いがけずの丸ポストがある。
きれいな水色の甍と、原色の赤。よく合っているような不釣合いのような。



次の館山行きに乗るためにホームに出る。
ホームは島式1面2線。待合室のあるホームと駅舎とを跨線橋が結ぶ、房総半島で見慣れたスタイルだ。

出かける前にネットで調べた浜金谷駅は、上総湊駅に似た黒い瓦屋根が乗っていたはず。
観光地を意識して、老朽化した屋根を葺き替えたのだろうか。
明るい水色、それはそれできれいだけれど、古ぼけた黒い瓦屋根なら、赤い丸ポストもぴったりと決まったのかな、そんなふうにも思う。

(2006年11月4日・内房線浜金谷駅にて撮影)

同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事画像
房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅=
同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事
 房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅= (2007-01-27 16:09)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅= (2007-01-21 17:18)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅= (2007-01-03 10:53)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅= (2006-12-31 09:21)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅= (2006-12-24 19:42)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅= (2006-12-23 11:50)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅=
    コメント(0)