さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年01月21日

房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅=



九重 - 千倉(ちくら) - 千歳(ちとせ) - 南三原(みなみはら) - 和田浦(わだうら)
そしてそのお隣の、江見(えみ)駅。
千葉県鴨川市に位置する。
1922(大正11)年開業。
九重駅よりもさらに新しい駅だ。

駅舎を斜め右側から見てみる。
九重駅とよく似た感じの古い木造駅舎だ。



駅舎正面には、三角屋根のファサードがある。
屋根の下には木製のベンチが置かれていて、そこでは人々がおしゃべりに花を咲かせている。
どうやらこの江見駅が、町のコミュニティーの役目を持っているようだ。



ホームは九重駅と同じように、対向式2面2線を持つ。
九重駅とは違って、対向式のホームは、跨線橋によって結ばれている。
館山寄りにある跨線橋の上から、ホームを眺めてみる。
左側、安房鴨川方面行きホームには待合室が、右側、館山方面行きホームには駅舎が見える。
待合室がピンク、駅舎がペパーミントグリーンに塗られているのは、遊び心かなと思う。



駅舎側から反対側の待合室を見てみる。
屋根とベンチだけの待合室は、九重駅と同じようだ。
そして、やはり九重駅と同じように、背中にはホーロー引きの青い駅名票が掲げられている。



駅舎を改札側から見てみる。
この駅の改札ラッチは、木製だ。木製ラッチのまわりには木製のベンチが据えられている。

簡易委託のこの駅にも、委託の駅員さんがおられる。
あちこちにレンズを向けてカメラに収める私に、駅員さんが声をかけてくれる。
「いまどき珍しいでしょ?」と。
そして、「あの木製のラッチから、たくさんの兵隊さんが出征して行ったんです」としみじみとおっしゃった。



駅を出て5分ほど歩くと海が見える。
夏休みも終わって、海岸に人気はなく、静かな海だ。
太陽燦々の暑い日だったが、それでもどことなく秋の日が漂っている、海の姿だった。



ここでも、スカ色を記録することにする。
上り館山行きの、後姿だ。

(2006年9月9日・内房線江見駅にて撮影)

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事画像
房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅=
同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事
 房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅= (2007-01-27 16:09)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅= (2007-01-03 10:53)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅= (2006-12-31 09:21)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅= (2006-12-29 23:18)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅= (2006-12-24 19:42)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅= (2006-12-23 11:50)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅=
    コメント(0)