さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年01月27日

房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅=



江見駅のお隣、太海(ふとみ)駅。
千葉県鴨川市に位置する。
1924(大正13)年開業。
館山(当時は安房北条)駅からの延伸計画は、完成に近づいている。

駅舎を斜め右側から見てみる。
ここにも、江見駅とよく似た感じの古い木造駅舎がある。
黒い瓦葺の切り妻屋根、押し縁下見の妻部分と壁、壁と屋根の間のわずかな隙間に見せるハーフティンバー、そして、三角屋根のファサード。



正面から見る。小さな鬼瓦を乗せた三角屋根のファサードには、ホーロー引きの青い駅名板が掲げられている。
駅名板の上の銀色のライトは、夜の闇をやさしく照らしてくれるだろうか。
ファサードの前にのレンガ色の水飲み場は、今も健在なのだろうか、下のほうが濡れているようだ。



ホームは対向式の2面2線。
ホームと駅舎を跨線橋が結ぶ。
安房鴨川寄りの跨線橋の上から、館山方面を眺める。
左側、館山方面行きホームには駅舎、右側、安房鴨川方面行きホームには待合室が見える。
こんもりとした緑の中で、木造駅舎の妻部分の押し縁下見が美しい。



駅舎側から安房鴨川方面行きホームの待合室を見てみる。
屋根とベンチだけの九重、江見とは少し違って、建物になっているが、ここにもホーロー引きの駅名票が掲げられている。



簡易委託の太海駅にも、委託の駅員さんがおられる。
近くには海水浴場やフラワーセンターなどもあり、電車から降りてくる人々の問いかけに対して、丁寧に観光案内をされている。

次の列車まで時間をつぶす私に、少し歩くと海だよ、と声をかけてくださったので、それじゃぁ、と行ってみることにする。
人影もなく静かな海は、秋の色を移す。

内房線の終点駅、安房鴨川駅のひとつ手前のこの駅も、地元の人々の愛情を感じる、昔ながらの美しい駅舎だった。

(2006年9月9日・内房線太海駅にて撮影)

※現在は水色の屋根と白い壁に改装されているかも・・・2007年1月14日車窓から

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事画像
房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅=
房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅=
同じカテゴリー(電車旅/JR内房線)の記事
 房総半島の駅舎を訪ねる《その11》=江見(えみ)駅= (2007-01-21 17:18)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その10》=九重(ここのえ)駅= (2007-01-03 10:53)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その9》=保田(ほた)駅= (2006-12-31 09:21)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その8》=浜金谷(はまかなや)駅= (2006-12-29 23:18)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その7》=上総湊(かずさみなと)駅= (2006-12-24 19:42)
 房総半島の駅舎を訪ねる《その6》=佐貫町(さぬきまち)駅= (2006-12-23 11:50)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
房総半島の駅舎を訪ねる《その12》=太海(ふとみ)駅=
    コメント(0)