さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2007年03月25日

信越本線・廃線跡を訪ねて《プロローグ》=めがねばし=



群馬県高崎駅から長野県長野駅を経て新潟県新潟駅までを結んだ幹線のひとつ、信越本線。
1886(明治18)年10月に高崎-横川間が開通。
1889(明治21)年12月に直江津から徐々に延伸して、軽井沢まで開通。
横川-軽井沢間が開通し、全通したのがそれから5年後の1894(明治26)年4月。

横川、軽井沢間には碓氷峠があり、それを超える碓氷線は、旧国鉄・JRで最急の66.7‰の勾配を有し、最大の難所とされていた。
急勾配を登るために、アプト式を使用したり、機関車を2両連結したりと、様々な努力をしてきた路線だ。

しかし、1997(平成9)年10月、長野新幹線が開業したことで、100年以上もの努力と汗の歴史に幕を下ろすことになった。
高崎からの信越本線は、横川駅を終点とし、軽井沢への鉄路は廃止され、バス輸送に移行され、軽井沢から篠ノ井までは第三セクターのしなの鉄道に移行されている。

現在、難所を支えた碓氷線の施設は、鉄道遺産として保存されている。
早春の一日、碓氷線の廃線跡を歩いてみた。

遊歩道となったアプト式の線路の上を約1時間半ほど歩くと、その終点に、この「めがねばし」がある。

(2007年3月23日・碓氷線廃線跡・めがねばしにて撮影)

この記事へのコメント
こんにちは
ぷらぷら~っとやってきました(^^)
いいですね。めがね橋♪
18きっぷがあと2回分残っていて困っています。
一日かけて、ゆっくりと碓氷探索もいいなって思いました。
Posted by ゆかり at 2007年03月26日 10:28
ゆかりさん、こんにちは。お返事遅くなりました。

ちょうどお天気もよく、さわやかな汗をかきました。
めがねばし、本当にすばらしいものでした。
あの上を列車が走る姿を想像したら、それはそれは美しい感じです。

しかし、これはこれですばらしかったのですが、季節柄周りの木が少し寂しい感じがしました。
新緑の季節がきっと美しいと思うよ。
私もそういう季節にもう一度行ってみたいと思っています。

私も18きっぷあと2日分残っています。
春は意外と天気が安定しないから、難しいよね。
どうしようかなとこれから計画を練るところです。
ゆかりさんも素敵な旅を。
Posted by じゅの at 2007年03月31日 11:01
軽井沢に行く時、旧道を通るとめがね橋を見る事が出来ます。
友人と何回か行きましたが時間がある時は旧道を使います。
横川の釜飯を買って・・・
今は無理ですが落ち着いたら又行きたいです。
雨の時に撮っためがね橋の写真を以前ブログに載せた事があります。
なんか懐かしいですね。
Posted by nonkoge at 2007年04月19日 00:51
nonkogeさん、こんにちは。お返事遅くなりました。

この写真を撮った道路が旧道なのかな?
車で来られたご夫婦がかわりばんこに写真を撮っておられたので、シャッターを押して差し上げたりもしました。

私は横川駅から線路に沿って歩いてきたので、やっとたどり着いて感動、そして下から眺めてまた感動でした。
廃線になってしまったのは残念ですが、いつまでもこのまま残して欲しいなと思います。
(今はもう使われていないからこそ、現状を維持できる、というのはあるかもしれませんが)

新緑のころにもう一度行きたいと思っています。
Posted by じゅの at 2007年04月22日 23:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
信越本線・廃線跡を訪ねて《プロローグ》=めがねばし=
    コメント(4)