さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2005年11月26日

白いボディーに青いラインを求めて《その4》=関東鉄道常総線(下館駅にて)=

20051105_04_joso_line_2.jpg

真岡鐵道から視線を反対側に移すと、こちらにも見慣れない列車が停まっていた。
あれはなんだ?と思い、跨線橋を渡り、停車しているホームへ行ってみる。

関東鉄道・常総線だ。
下館 - 取手間を走る。
下館から途中の水海道(みつかいどう)までは、単線のローカル列車。しかし、その先から終点取手までは複線化されていて、ラッシュ時には7分間隔に運行される重要な通勤線となる。

茨城県内ではこれだけ重要な路線なのに、なぜ電化されないのか。
それは、柿岡の地磁気観測所による制約があるからだそうだ。
研究都市、つくばを抱える茨城県らしい事情だなと思いつつ、煙をはきながらごとごとと発車するキハを眺める。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 21:01Comments(0)電車旅/JR水戸線

2005年11月19日

白いボディーに青いラインを求めて《その3》=真岡鐵道(下館駅にて)=

20051105_03_mooka_line.jpg

列車は小山駅を出発する。
路線図と外の景色とを眺めながら、どこで降りようかなと考える。

20051105_03_mooka_poster_2.gif

小山を出て、小田林(おたばやし) → 結城(ゆうき) → 東結城(ひがしゆうき) → 川島(かわしま) → 玉戸(たまど) と乗って、その次の下館(しもだて)駅で降りる。

ホームに列車が入るとき、となりにやたらと派手な列車が見えた。
あれは何かなぁ、と近くまで行ってみる。

SLが走る鉄道として有名な真岡鐵道だ。
SLは土、休日に1日1往復走るが、今回は残念ながらそれには出会えなかった。
これはモオカ14形と呼ばれる気動車だ。

下館から陶芸で有名な益子を通って、茂木(もてぎ)駅まで延びる。



→小山駅に貼ってあったSLのポスター 興味のあるかたはこちら《真岡鐵道株式会社・公式サイト》にどうぞ。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 00:38Comments(5)電車旅/JR水戸線

2005年11月13日

白いボディーに青いラインを求めて《その2》=水戸線(小山駅にて)=

20051105_02_415_oyama.jpg

そろそろ水戸線が入線する頃かなと思い、ホームに下りる。

水戸線は、東北本線の小山駅(栃木県)と、常磐線の友部駅(茨城県)を結ぶ、単線の路線だ。約50キロ、16駅を、約1時間で走る。
明治22年の開業当時は小山から水戸までを結び、茨城県の県庁所在地である水戸に敷かれた最初の鉄道だった。
しかし、何度かの合併や国有化の中で、友部を終点とするようになった。
今でこそ1時間に1、2本のローカル線だが、かつての重要な花形路線だった面影が、路線名にわずかに残る。

ホームに入っていたのは、ステンレスにブルーの帯を巻いた、415系1500番台。
首都圏の秋葉原などでよく見かける、常磐線の快速列車と同じ型かなと思う。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 09:29Comments(0)電車旅/JR水戸線

2005年11月13日

白いボディーに青いラインを求めて《その1》=東北本線・小山駅=

20051105_01_oyama_station.jpg

わけあって、水戸線に乗ろうと思う。

前回の吾妻線の旅同様に、湘南新宿ラインに乗る。
今度の列車は大宮から東北本線に入り、水戸線の始発駅である小山駅に到着した。

小山駅に入線する列車の中から、二つ向こうのホームに目当ての列車が停まっているのが見えた。
しかし、列車は湘南新宿ラインが到着すると同時に出発し、その後姿を見送ることになった。

次の列車が来るまで、1時間もある。
同じく小山駅を始発にして、水戸線とは正反対の方向へ行く両毛線のホームなどをしばらくぶらついたあと、一旦改札を出ることにする。

新幹線も停車する小山駅は、栃木県の南の玄関口の役目もあってか、なかなか立派な建物だ。
駅前から出る目抜き通りを中心にして、町もにぎやかで活気に溢れている。

秋晴れの青い空に、白いタイルの壁がよく映える。
そして、白いキャンバスに描かれたブルーの文字の駅名が、水戸線の旅の目的を象徴している。

banner_02.gif  

Posted by じゅの at 00:12Comments(2)電車旅/JR水戸線